6月11日。

高校時代の友達とランチ。
いつぶり~~~!?

隣の市に住む友人と埼玉に住む友人に会いに上京。
食事の前のカラヴァッジョ(笑)
2016061101.jpg
顔出ししてみましたが、顔出しません(爆)
2016061104.jpg

ランチは上野精養軒
2016061105.jpg
おのぼり母はハヤシライスもちょこっとのってる『パンダプレート』を注文。
2016061106.jpg
首都圏での生活が長い友人は『ビーフシチューセット』
おいしそうだった。
2016061107.jpg

食後に浅草寺に行ってみた。
2016061108.jpg
人の多さに疲れて移動。

東京駅って外から眺めたことなかったかも。
2016061109.jpg
丸ビルのカフェでゆっくりおしゃべり。
40年の月日を苦もなく遡る(笑)
てっちゃんの兄弟が居たよ。
2016061110.jpg

帰りはこだまでのんびり。
お弁当食べる時間も余裕である。
2016061111.jpg 
友達とランチするためだけに新幹線で往復とは、しょっちゅうできることではないけれど。
たまにはこんな贅沢もいいよねと言える今に感謝。
ほんとに楽しゅうございました。

スポンサーサイト
2016-06-12 : 未分類 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

カラヴァッジョ展
こんにちは。
私もカラヴァッジョ展を見てきましたので、楽しくブログを拝見しました。『バッカス』の個性的で強いインパクトをしそませた一見穏やかで静かな表現、『エマオの晩餐』の闇を切り裂くような光の表現、『ナルシス』の刹那的に美しく表現、死の間際のマグダラのマリアが神と一体感になった法悦に浸っていることを見事に表現した『法悦のマグダラのマリア』など、心に強い衝撃を与える作品の数々に圧倒されました。

今回のカラヴァッジョ展からカラヴァッジョの絵画の魅力と美術史を塗り替えたかを考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。
2016-06-14 12:36 : dezire URL : 編集
dezireさん
コメントありがとうございます。
貴ブログ拝読させていただきました。
丁寧な解説と考察を読ませていただいて、先日観た展示を改めてもう一度楽しみかえすことができました。
一緒に行った友人にも貴ブログを紹介させていただきます。
2016-06-14 22:37 : てしゅ母 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

てしゅ母

Author:てしゅ母
     ぢ・アラフィー所属(♀)
    ( お尻に不安有の50歳辺り )

『てしゅぶ』です

プロフィール

2009年6月13日生
フレンチブルドッグ(♂-∞)
家族:母&長男S(=父+兄)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR