スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

手術のこと①

 終わってしまえばまぁこんなもん。
時間が経つほどに書くほどのこともないなぁとは思いますが備忘録程度に。。。

<手術前>  鼻の形に注目!
110709003  
<手術後>
110709005

『軟口蓋過長の子は鼻腔狭窄を伴う場合が多い。
(鼻腔が狭いと鼻から空気が吸い難いため、呼吸の度繰り返し圧がかかって引っ張られるため軟口蓋が伸びやすいとか。)
軟口蓋を切っても、鼻の穴が狭いとまた伸びる可能性が高いため、鼻の穴を広げる手術を一緒にするケースも多い』と読んだ母。

顔変わっちゃうのは嫌だ。嫌だけど…。
再発はもっとイヤだ。
だけどてしゅの鼻の穴は…狭いんじゃない???

すっごい悩んで、手術前に相談したら、あっさり
「うちの病院では同時に手術した例はありません。
そこまでしなくても大丈夫です。」と却下されました。
ほっとするやら、却ってほんとに~?って思ってしまうやら。。。

「あ~鼻の形変わってる!!」っと思ったあなた。そう、早とちりです。

さて。
呼吸だけの問題なら、『吐く』のがなかったら、
多分、手術を考えてなかっただろうてしゅさんの軟口蓋。
文字通り、蓋を開けてみたらどうだったのか?

「気管チューブで押してやっても、なかなか気道がみえてこないくらいぺったり蓋してました。」ということです。
(図の赤い部分、伸びてお邪魔な部分を切り取りました。)
110709004
が、これが、
今やらなきゃ危なかった、いままで無事だったのが不思議!ってことかというとそうでもないらしく、
「やって間違いではないですね」な程度みたい。

気負ってた分拍子抜けな気分ですが、
ま、1日に何万回も呼吸するんだから。
その1回1回が楽になったんだから。
一生分考えたらすごい楽になったんだってことで、良しとしよう!
と思います。

得意じゃない人は見ないでください。

切り取った軟口蓋。(ちょっと腐りかけ)
切り取るとしぼむそうで、喉の奥にあったときはもう少し大きかったらしい。
110709002

<手術中>
鉗子で引っ張り出した軟口蓋をレーザーメスで切除。
110709001 
切ると同時に塞いでしまうので出血がまったくないし、
焼くというより瞬時に水分を蒸発させて塞ぐ(?)感じなので
電気メスみたいに腫れるということも少ないそうです。

切除自体は難しいものではないとのことですが。
切り過ぎると誤嚥するようになってしまうし、長く残したんでは呼吸が改善されない。
どれだけどう切るのがベストか見極める目と腕を持った、
たくさんの症例を経験しているお医者さんにやってもらうことが大事だそうです。

スポンサーサイト

2011-07-09 : 未分類 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

すごい!!
わかりやすいです。
遅くなりましたが、てっちゃん、父母、お疲れ様でした。


どうですか?
てっちゃん、いい感じになりましたか?
2011-07-09 19:54 : コモモ URL : 編集
Re: タイトルなし
コモモさんへ
母、疲れました。
本犬は空調ばっちり&高濃度酸素、
おまけに若い看護師さんたちにちやほやされて
とっても快適な入院生活だったみたいですよ。

ガツガツご飯食べてました。ってお医者さん感心(?)してたもの。
ガツガツって、ねぇ。。。(--;
2011-07-10 01:06 : てしゅ母 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

てしゅ母

Author:てしゅ母
     ぢ・アラフィー所属(♀)
    ( お尻に不安有の50歳辺り )

『てしゅぶ』です

プロフィール

2009年6月13日生
フレンチブルドッグ(♂-∞)
家族:母&長男S(=父+兄)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。